大阪労災病院 治療就労両立支援センター(旧 勤労者予防医療センター)は勤労者と各企業の方へ、生活習慣病や運動不足、栄養、禁煙、腰痛などの健康管理や仕事のストレス、対人関係の悩みなどのメンタルヘルスケアを行っております。

センターのご案内

所長あいさつ

 平成13年4月に「勤労者予防医療センター」が大阪労災病院に設置され、「勤労者の過労死予防対策」、「メンタルヘルス不全予防対策」および「勤労女性の健康管理対策」の業務を行って参りましたが、平成26年4月からは、これまで行ってきました予防医療活動に加え、新たに治療と就労の両立支援の取組を開始するため、「勤労者予防医療センター」を、「治療就労両立支援センター」と改称致しました。

 これまで行ってきました予防医療モデル事業は今後も継続し、勤労者の健康確保を図るため、過労死、勤労女性特有の健康障害等の発症予防及び増悪の防止に関する予防医療活動を通じて、事例の集積や分析・評価により効果的な予防法・指導法を開発するための調査研究を実施しています。

 平成26年度からは、新たに、がん・糖尿病・脳卒中の羅患者及びメンタルヘルス不調者に対し休業等からの職場復帰や治療と就労の両立支援への取組を行い、事例を集積し、医療機関向けのマニュアルの作成・普及を行う治療就労両立支援モデル事業も行っています。

 「治療就労両立支援センター」は全国に9カ所あり、当センターでは「がん」と「糖尿病」を対象にしています。「がん」については、当面は「乳癌」の方を対象に活動していき、将来的にはその他の「がん」についても取り組んで行きたいと思っています。

 「がん」「糖尿病」ともその両立支援事業には、関係する院内外の多くの皆さまや、特に産業医の先生のご協力が必要です。どうか皆様方の温かいご支援とご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。

 今後、さらなる業務の充実を図り、当センターが勤労者の方々の健康管理にお役に立てれば幸いです。

大阪労災病院 治療就労両立支援センター
(旧 勤労者予防医療センター)
所長 大橋 誠

ページのトップへ↑